感情コントロールできない中学生のために

感情コントロールできない中学生のために

感情コントロールできないことに悩む中学生は非常に多いです。中二病というネットスラングが存在するように、中学生のような思春期には、特に人間は精神が不安定になりやすいのです。

しかしながら、これは、「はしか」のようなもので、その時分を過ぎれば、結局、「大したことない」と笑って思えるときが必ずその当事者自身に来ます。

中学生が感情コントロールが苦手な理由

脳が発達の過渡期にあるからです。小学生から中学生になる間に人間の脳は、「右脳優位の直感脳」から「左脳優位の論理脳」になっていきます。
中学生というのは丁度、その過渡期にあるため、脳が一時的に不安定になり、情緒不安定、すなわち感情コントロールができない中学生くらいの子供は非常に多くなってくるという話です。

また、この年代の子供は、性的に発達し、性に関心を持つようになります。

そうすると、当然、異性に興味を持つようになります。
そして、異性に恋愛感情を持ったり、実際に、交際をしたり色々あるわけです。

そうなると、やはり人間の脳は興奮系神経伝達が過剰に増加し、恋わずらいのような状態になり、そのような経験を今までしたことがないがため中学生くらいの子供は、余計に人生を深く悩むようになるわけです。
(参考:)
恋愛感情をコントロールできない人へ

中学生が感情コントロールできるようになるための対策

●スポーツいわゆる運動の習慣をつける

スポーツをする。すなわち、運動をすると体の方にエネルギーを消費するため、思考するための頭の方のエネルギーが低下します。

誰でも運動して身体的にへとへとになってしまえば、思考過剰いわゆる感情の不安定さは消失していきやすくなります。
悩みは運動やスポーツをして昇華させるべきものです。心の悩み、苦悶は体を使っていけば解消していきます。

●自分が好きな勉学(科目)に徹底的に励む

好きな科目を徹底的に勉強します。

すると、やはり感情は安定します。勉学に励んでいると、そのことだけに集中していると、やはり悩んでいる暇自体がなくなり、結果的に感情が安定するので、無事に感情コントロールすることができやすくなっていきます。人間は中学生に限らず、暇が多い生活をしているほど精神不安定になります。

逆に忙しいやるべきことが沢山あるような生活をしていると感情は安定するのです。

●中学生への親の接し方

中学生の年頃の子供に対する親の接し方のコツは、まず第一に何に対しても過剰反応しないことです。要するに、子供が正しいことを言っていても不用意に褒め過ぎずに、逆に悪いことしても責めすぎてはいけないということです。

なるべくニュートラルに、親はその年頃の子供に接するようにし、決して親は感情的にならずに、その思春期の子供へ接しないといけないわけです。

要するに、「常に毅然さは保つ」ということが非常に重要です。

この時期に甘やかしすぎると、後々、厄介なことになることがあります。
要するに、「ダメなものはダメで許されないんだよ」ということを理解させるということが非常に大切です。
(関連:)
感情コントロールできない子供

まとめ

中学生は悩みが非常に多い年頃ですので、そのような話を本人が打ち明けてきたらば、親はきちんと聞いてあげましょう。

そして、適切なアドバイスを経験者という立場から真摯に行っていくことが大切です。ポイントは今の自分の観点からアドバイスするのではなく、自分の中学生時代を振り返り、その時代の感覚をなるべく想起し、そのときの感覚で、アドバイスしてあげてください。そして、自分自身にもそういう時代があったことを思い起こしてください。

しかし、感情的になって過剰反応してはいけないのです。

また、感情コントロールができないと実感する中学生の方は、日ごろから運動やスポーツを励行しましょう。運動やスポーツには悩みや感情不安定を治す劇的な効果があります。
そして、勉強でも趣味でも何でもよいので、自分がやるべきことに集中するようにしてください。

こうすることで、感情は自然と安定し、より容易にコントロールできるようになっていくことを自然と実感できるはずです。

感情コントロールの基礎 (←Homeへ)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です