感情コントロールができないとは?

感情コントロールができないとは?

感情コントロールができないという状況は主に2つに分けることができます。そもそも感情を完璧にコントロールができる人はいないのですが、

①ある程度はコントロールでき、社会でそれを巧みに使いこなせている
②感情コントロールが苦手で、社会生活に支障をきたしている

【私運営の別サイト】
境界性人格障害の克服について
強迫性人格障害について

の主に2つに分けることができます。
後者の人の場合、心理学や精神医学では、異常であると定義され、精神疾患や心の病気であると医師から診断を受ける可能性があり、本人も実際にこのことで苦しんでいることが多いわけです。

感情コントロールとは?

感情コントロールとは、主に前頭葉(脳)の機能で、前頭葉の発達具合によって、その能力の巧拙は左右されます。一般に前頭葉の機能が高い人ほど、感情をうまく切り替え、それをコントロールできるのですが、前頭葉がストレスや先天的な要因などによって機能低下している人では、この前頭葉の切り替え機能がスムーズにスイッチしていかないため、嫌な感情に延々と捉われ続ける異常状態に陥っていることも少なくありません。

感情コントロールができない人の特徴

・些細なことに過剰反応する
・思考方法が白黒、0か100かの二極分化した思考
・些細な嫌なことで落ち込み、些細な良い出来事で有頂天になるなど感情の振幅が激しい
・人前で自分の感情を出し過ぎる(怒ったり、泣いたり、人前で制御できない)
・自尊心、自身の欠如
・言語運用能力が低い傾向

などです。
感情コントロールを主に担うのは先に説明した前頭葉で、上に箇条書きした感情コントロールができない人の特徴というのは、すべて前頭葉というおでこの部分にある脳の機能に依存します。

言語運用能力が高い人は感情をコントロールが得意な傾向

たとえば、言語運用能力が高い(:ペラペラ次から次へと喋るような人)人では、外側前頭皮質という前頭葉の一部位が厚くなっており、そこの情報伝達が活発に行われているということがわかっています。

そして、外側前頭皮質の高機能は、感情コントロール能力の高低に端的に関わり、サイコパスもしくはソシオパスといわれる人では、ここの機能が高い場合が少なくありません。

また、心理的にうつ状態になっている人では、ここの機能が低下していることも知られています。

外側前頭皮質に限らずに、前頭葉の機能が低下すると全般的に感情コントロールがうまくできなくなります。

感情コントロールをスムーズにできるようにするためには?

感情コントロールができるようになるには、脳の状態を改善させていく方策が最も有効です。

このブログでは、感情をコントロールするために必要なことをわかりやすく解説していくつもりです。

感情コントロールの基礎(その1:)

感情コントロール障害を治すにはまず第1に反対の感情を持つということが重要になりますこれは換言すれば逆に自分自身の例えば今抱えている感情ネガティブな感情悲しい怒りだとかそういう消極的なネガティブな感情の状態にあるとしますそのような状態になったとき逆に反対にポチ子ポジティブな感情をあえて模倣する意図的に模倣するっていうことですねそうすることによって少しはそのネガティブな感情というのもましになっていくという算段の話ですねこれが感情コントロールの一つのポイントになるわけですこのように常に自分の感情状態と真逆の感情状態を意識的にそのようなものになりきるそういう訓練それをはまあ簡単なものではないのですけれども気休め程度にはきちんと機能するものなんですね結局のところまるまあそういうことでネガティブになってしまった悲しい落ち込んでる辛いそういうネガティブな感情に困ってどうしようもなくにっちもさっちもいかなくなってしまっているのであれば会えて嬉しい感情にポジティブな感情そういう前向きな感情ってものを意図的に自分自身で演技するっていうことですねそういうことすることが気休め程度補助程度の感情コントロール障害の克服法の医師としてきちんと昨日するっていうことなんですねこれがひとつの空感情コントロールの上手くするためのポイントになるわけなんですもちろんこれだけで問題が完全に解決するわけでは全くないのですけれどもサポート家補助として自分自身の感情をうまくコントロールするそういったことが苦手な人に対するまー補強補強じゃないんですけどねそういうことが苦手な人の感情がコントロールが苦手な人に対する対処法対策法って言うことには十分になり得るっていうひとつの話になっていましたまあ他にも色々とあるんですよねという感情のコントロールの方法というのがたくさんま結局のところは脳の機能によって人の感情というものが生じているわけでこれがまあ本当に基本原則で全ての全てと言っていいほど大切なことになってくるわけで結局脳の機能がま心とか性格はそれはとどのつまりは感情を産んでいるわけなので根本的なところを解決するのであれば脳の機能に介入した方法っていうことこれが一番のポイントととても重要なポイントになるわけなんですやめて重要なポイントになるわけなんですねしかしながらまあここまで話しさせていただいたま方法論今の自分が例えばネガティブな感情に支配されているのであれば逆に会えてポジティブな感情を妄想するっていうことですねまあ結構こういう話は昔ながらの禅宗の修行とかあるはヨガの修行しませ信州療法てんですかねそういう精神修養法的なところで古くからかたいらやでできたことで結構精神論できればあるのですけれども効果はあるということで今回お話しさせていただきましたそれでは今回のお話はここまでという形にさせていただきますが他のページの方でも詳しい感情コントロールの方法について私が開設いたしてさせていただいておりますので是非そちらの方も参照してみてくださいそれではご清聴どうもありがとうございました