強迫性人格障害について

このサイトでは巷であまり知られていない強迫性人格障害という心の病気について詳しく書いていきます。

強迫性人格障害とは?

強迫性人格障害というものがありますがこの強迫性人格障害というものは結構まあまりこの人格障害はいるパーソナリティ障害と言われているものの中でもマイナーな存在であまり知られてないものではあるというのが確かなんですねそれでよくいただく質問の中で特にこの頻度が多いものは強迫性障害との違いってことなんですねつまり強迫性人格障害と強迫性障害はどこがどう違うのかっていうことについてよく質問の方をくださる方っていうのが少なくないというのが事実なんですけれどもこの強迫性人格障害というものは極めて真面目すぎる責任感が強すぎるそういう人々の性格傾向なんですねそれでいてそれが前にも過剰でいきすぎてしまっているいわゆる責任感が強すぎてしまっている真面目すぎるクソ真面目だ超がつくほど義務義務感が強いみたいなそういう性格傾向になってしまっている人のことを強迫性人格障害という風にいますそれと同時に強迫性障害というものもありますこれは頭に強迫観念が自分の意図しない形の強迫観念がずっと頭にこびりついて離れなくなってしまってすぐ症状を抱えている人のことを強迫性障害というわけなんですねもちろん強迫性障害の人は責任感や義務感が強い人が少なくないのですが強迫性人格障害とは根本的な部分で違うんですね

強迫性障害と強迫性人格障害の違い

その詳しい話については専門的な話になってしまうのでちょっとこの場では話す語ることはできないのですが強迫性人格障害とはいってもいってみますと強迫性人格障害と強迫性障害というのは逆なんですね原因が名前はその2ていてすごく勘違いされるっていうか混同しやすいいう概念病名なんですが原因となるものが逆ナンデス真逆なんですねまあそういうことが大前提としてあるわけなんですねそしてこの強迫性人格障害を克服するための情報というものを私のこのサイトの方でまああの無料で出来る範囲で出来る範囲で解説していくつもりですで他のサイト山ほど私は持っておりましてそちらの方でもサイトへのリンクとかもちゃんと貼り付けて解説していくつも開設っていうか何て言うんですかねあの今脅迫性障害とはこういう症状だよそして強迫性人格障害というのはこのホームページの方で説明するんですけどもこういう症状があるこういう性格の傾向がありますよっということことのようなことってんですかねについて説明するつもりですねまとにかく私が高校で強調したいということは 強迫性人格障害というのは強迫性障害と真逆の原因によって起こる性格の偏りであるということそのような話になってくる次第でございますまとりあえず今回のお話はここで終了させていただきたいと思いますがこの強迫性人格障害の克服についてのサイトで具体的な克服の方法論について解説させていただきますので他のページの方もきっとお役に立つと思いますので思う想うの思いますのでぜひ参照されてみてくださいそれではご清聴どうもありがとうございました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です