感情がコントロールできない女性のための対策

感情コントロールできない女性のための対策

感情コントロールが苦手なのはジェンダーの特性上、女性の方だと古来から言われています。女性のヒステリーとは良く聞きますが、男のヒステリーとはほとんど聞きません。感情コントロールが女性が苦手な理由の一つは、生理があるからだといえます。

感情がコントロールできないと社会生活、学生では学校生活がうまくいかなくなってしまいます。

いわゆる感情コントロールとは、人間の生殺与奪を握っているとさえいえ、感情コントロールができないと、落伍者の烙印を押されてしまうこともありうるでしょう。

こういった考え方から、人間はIQ(一般知能)よりもSQ(社会性知能)もしくはEQ(感情性知能)の方が、大切であると、世界中、古今東西の学者が、昨今そのように結論づけるようになってきました。

感情コントロールができない女性

女性は、生理の周期によって、PMSの状態に陥り、中にはその苦しさから、嘔吐を繰り返したり、歩くのもできなくなるほどの激痛に苛まれるような人もいます。

この点、男性にはそうした苦しみがわからないため、やれすれば、甘えであるとか、「女、女、女!」と特権意識を振りかざしているとよく俗世間の男性に非難されたりしますが、私はそうは思いません。

感情コントロールが女性が苦手な理由のひとつは、このPMSにあるわけです。PMSとは生理前症候群と言われ、女性が生理前に不安定になることには科学的根拠が実際に存在しています。

感情コントロールが苦手な女性のための対策

〇運動の習慣をきちんとつける

PMSはGABA(γアミノ酪酸)という脳内神経伝達物質が欠乏することによって引きおこるので、運動の習慣をつけることは、GABAを増やすので、PMSの軽減に効果的で、PMSが軽減すれば、自然と感情コントロールができない状態から、女性は脱却しやすくなります。

運動をすると感情コントロールできるようになる理由を物理的に説明すると、呼吸が深くなるからです。この呼吸が深いほど、精神状態は安定し、リラックスできます。

運動をすると呼吸が深くなるので、感情コントロールができない、もしくは苦手であると実感する女性は習慣づけられてみてください。継続されれば確実な効果を実感できるはずです。(ヨガでも筋トレでもマラソンでも何でもよいのです。)

〇食事を小食にする

普段食べている食事回数で、朝昼晩3回食べている人は2回にするといいのです。小食にすればするほど精神は安定し、大食いするほど精神は不安定になります。この理由は、食の中枢と感情の中枢が脳内では隣接して存在することに起因します。食を安定させれば、感情も安定するという算段です。

また、甘い物は感情を不安定にし、依存状態を形成します。なるべく精白されていないものを食べましょう。

感情が不安定だから大食いするのか、大食いするから不安定になるかは、50/50という感じです。

ぜひ、小食を実行され、ご自身で確かめてみてください。

なるべく色のついた天然の食物を食べるようにするのが基本です。

〇サプリメントを飲む

5-HTPやL-トリプトファンといったサプリメントは、心の安定に欠かせないセロトニンを増やすので、このようなサプリメントを定期的に飲むと良いでしょう。
(ちなみに余談ですが、女性の脳ではセロトニン生成やその脳内活用が男性の半分以下の効率であるということがわかっています。そのため、女性はセロトニン不足に陥りやすいのです。)

この3点を気を付けるだけで、大分、女性特有の感情コントロールの問題は、改善していき、長く続けていけば、その多くの場合においてその克服も可能になっていくでしょう。

まとめ

運動の習慣をつけることで、生理前に生じるPMSは軽くなるので運動(ジョギングや筋トレ、ヨガなど)をして汗をかくと良いのです。

そして、「適切な食物を適切に食する」という習慣づけが大切です。
また加工食品は精神を劇的に不安定にしますので、できる限りは避けられた方が良いでしょう。

それから、サプリメントを飲むことによっても、セロトニンという心を安定させる脳内神経伝達物質が増加するので感情の安定に効果的になってきます。
そして、何より感情のコントロールの問題は必ず解決できると信じ込んでください。

信じ込むことがこの障害の克服の秘訣になり得ます。

感情コントロールの基礎
(Homeへ戻る↑)

(参照:)
https://www.everydayhealth.com/pms/mood-swings.aspx

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です