感情コントロールができない子供

感情コントロールができない子供

子供はそもそも感情のコントロールが苦手です。物分かりの良い子供でさえも非常に感情的で、ですから必ずよういに泣き喚いたりしてしまうわけです。
そういうわけで、小さな子供が感情コントロールができないのは当然の話ですので、ここでははしょります。

ある程度の年齢の子供の異常行動を見極めよ

しかしながら、問題はある程度大きくなった子供があまりにもぐずったり、泣き叫んだりしたり、行動が社会通念上、一般的ではないというときです。

池田小学校事件の犯人、宅間守は幼少期からかなりずれた子供で、感情をうまくコントロールできずに癇癪(かんしゃく)を爆発させ、動物虐待、車道に三輪車で飛び出すといった常軌を逸する行動をしてきたといいます。

転載ここから————————————

附属池田小事件(ふぞくいけだしょうじけん)とは、2001年(平成13年)6月8日に大阪府池田市で起こった小学校無差別殺傷事件(刃物によるスクールシューティング)である。

実行犯は大阪地方裁判所平成15年8月28日付け判決(判旨)を伝える新聞記事によれば、宅間守(たくま まもる、1963年11月23日 – 2004年9月14日、犯行時37歳)による単独犯と認定されている。児童8人が死亡、教師を含む15人が重軽傷を負った。

転載ここまで————————————
https://matome.naver.jp/odai/2136425953880976101

行き過ぎた感情コントロールの問題は発達障害の可能性

宅間守の周囲の大人たちは、この子はいったい何者なんだと眉をひそめていたそうです。普通に考えればありえないようなことを平気でするような子供であったわけです。こういう子供は将来、何らかの発達障害を診断される可能性があります。そういう点はよく自身のお子さんの動向を見分けておいた方がいいです。

鉄は熱いうちに打てという格言があるように、感情障害も小さいころからの方が遥かにスムーズにいきます。
これは科学的にも解明されている真実です。ただの癇癪持ちなのか、そうではなく客観的に見て明らかに異常児であるかどうかを親御さんは早期に見分けないといけません。

発達障害はその後、人格障害に移行する可能性

発達障害※はその後、社会との折り合いがつかず、不遇な人生を歩むことによって、その人(この場では子供)に孤独の影を落とすことになり、人格をゆがめてしまう可能性があると専門家は指摘しています。
(※ADHD児(注意欠陥多動性障害)・・・感情のコントロールが苦手で、考えるよりも行動過多な子供を指します。
アスペルガー障害児・・・特定の分野に極めて造詣が深いが、その反面、特定の分野(たとえば社交性など)が極めて不得手な子供のことを指す。)
境界性パーソナリティ障害児・・・リストカットのような自傷行為を繰り返す子供。感情が非常に不安定で、その根幹にはADHDのような発達障害が存在すると近年指摘されるようになってきている。)
(参考:)
感情コントロールできない中学生のために
子育てで感情がコントロールできない人へ

したがって、早期の対策が必要になってくる親御さんにとってはゆいゆいしき問題であるということができます。
より取り返しがつくのは子供の内で早ければ早いほど軌道修正しやすいです。

一つの目安

中学生未満の問題であればあまり重大視する必要はありません。
ですが、中学生を過ぎてお子さんの心の問題や感情のコントロールの問題が明白な場合、迅速な対応が求められます。
鉄は熱いうちに打て、ではありませんが、問題の早期解決ができなければ
その後に、甚大な問題になり、その家族にしわ寄せが来る可能性が極めて濃厚であるからです。

感情コントロールの基礎

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です