感情コントロールできない高校生のために

(最終更新日:2020/03/20)

(概要:)
感情コントロールできない高校生は非常に多いです。というのも、高校生は非常に多感な年代です。
例えば高校生は大人になる前の目前の年代で、よって大人の世界の醜さや不正そうしたものが見えてきてそうしたことを許せなくなりがちです。
だからこそ感情コントロールできずに精神が不安定な高校生は非常に多くなります。

(私は高校生の頃、国際的体制を憎みテロ行為を画策していました。(今思えば只の馬鹿です))

また高校生の場合、大学受験から来るプレッシャー、それによるノイローゼなどが感情が不安定になる原因の場合もあります。

今回は感情コントロールできない高校生、その本人のため、またその親御さんのための対策について詳しく書いていきます。

高校生が感情コントロールが苦手な原因

〇大人の醜い世界を理解できるようになるため

大人の世界というのは「金、金、金」です。金で政治が動き、国際情勢が左右されます。
これはどこの国でも同じ話です。

よく政治家の収賄がメディアを賑わしますが、基本的に多くの大人は「金」という強迫観念に取りつかれたお化けのようなものです。

こうした事実を高校生は成熟するにつれて気づくようになるので、社会の不正が許せなくなり、落ち込んだり、怒ったりの感情コントロールができない、状態になりやすいのです。反抗心が強くなるのです。

〇高校生の脳が発達途上のため(特に感情コントロールに関わる脳部位)

これは中学生の場合も同じなのですが、高校生になってもヒトの脳は完全に完成していません。

例えば、生まれつきIQが高い子供の場合、高校2年ころからIQが伸びていく大器晩成型が多いことが知られています。

このタイプの子供の場合、高校1年や2年頃までは脳、特に感情のコントロールに重要な「前頭葉」といわれる脳部位が発育不全の場合が少なくないのです。

しかし、その後、グーンとIQが上昇するのです。

〇恋愛や性交渉を経験するため

高校生くらいになるとどんな奥手の子供でも異性と恋愛をするようになります。
そして、性交渉を経験します。

そうなると大抵の場合、脳内でフェニルアラニンという脳内物質が増加します。

フェニルアラニンは恋愛物質と言われ、それが増加しすぎると、人は感情が不安定になり感情コントールが著しくできない状態になることが知られています。

太宰治のように恋愛関連のもつれで自ら死を選ぶ人がいるのはこのためです。

大人の場合、恋愛や失恋などで微動だにしなくなるのですが、高校生程度の子供の年代は経験不足のため、異性を過剰に意識して悩んだり、自分の顔形(ルックス)が異常に気になったりしやすいのです。

そのため、感情がコントロールできない不安定な子供(高校生)が少なくありません。

高校生が感情コントロールできるようにする方法、対策:


これはこのブログで既に書いてある方法で共通的なモノ
です。
重要なことなので再度、紹介します。

運動の習慣をつける

まず、筋肉を緩めるために運動の習慣をつけるようにします。

大抵の悩みは運動の習慣をつけると吹き飛んでしまいます。

運動をすると思考や悩みの方へエネルギーが運動(体を動かす)方面へ使用されるので、その分、悩みは軽くなるのです。
中世ヨーロッパで国民にスポーツが励行されたのは国民の憤懣を王族に向けさせないためでした。

実際に、運動(スポーツ)には感情を鎮静化させる効果があるのです。
憤懣が溜まって感情がコントロールできない高校生は、今すぐ運動の習慣をつけられてください。

精神が安定することに気づくはずです。

(関連情報:)
有酸素運動で感情をコントロールする方法
筋トレで感情をコントロールする方法【まとめ】
ヨガで感情コントロール力を身に着ける方法【最新版】

サプリメントの摂取

これも既に私が書いていることですが、GABAを増やすサプリメントを摂取すると良い。GABAとは精神を安定させリラックスするのに重要な神経伝達物質です。

感情コントロールができない、または苦手な高校生の子では確実にGABAレベルが低下しています。GABAが上昇しているのに、感情コントロールができない人等まず存在しないのです。

だから、GABAを増やすサプリメントを摂取すると良い。
方法はこちらの記事を参照ください。↓↓↓↓↓↓↓↓↓

(関連情報:)
感情コントロールに効く!サプリメント【まとめ】

〇悩みは勇気を出して友人や家族、地方自治体の窓口に相談する

悩みを打ち明けるのは勇気がいることなのですが、自分の中にため込んでおくほど、感情は不安定になります。
勇気を出して迅速にカミングアウトした方が良い
です。

そのために相談できる友人、家族にすべて打ち明けましょう。

悩みは溜め込む期間が長ければ長いほど、厄介なトラウマになっていきます。
軽症で済むうちに誰かにきちんと相談することが重要です。

それが難しい場合は、地方自治体にある窓口に相談されてください。
基本的に地方自治体の職員はお役所仕事なのでくだらない戯れ言を抜かすことと思います。

しかし、中には良心的な窓口又は職員も確実に存在します。
ですので、その可能性にかけて相談しましょう。(命を懸ける覚悟で)

発達障害ある場合にも十分に有効

発達障害(ADHD/ADDまたはアスペルガー等)がある場合にも、サプリメントの摂取は有効です。もともと私自身が元当事者でした。

親御さんへ:”感情コントロールができない高校生への接し方”

感情コントロールが不得手な高校生への接し方は、過剰反応しないことなのですが親御さん自身の精神が非常に安定していれば一切問題はないです。
問題が生じる場合、親自身がそもそも感情コントロールができていなかったり、それが難しい困難な社会的状況に追いやられている場合が少なくありません。

後者の自覚がある親御さんは当ブログに書いてある感情コントロールの方法を今すぐ実践されてください。
こうした方法を実践していくと、感情コントロールは非常に容易になっていきます。

私の個人指導を受けてみる

私はUCLA(米国有名大学)に関与した人間です。

感情コントロールがそもそも私の専門です。

ですので、感情コントールができない高校生の方又、その親御さんは私の個人指導を受けてみるという選択肢も
最終手段としてはあるかと思います。
自信あり

まとめ

感情コントロールができない高校生が、
感情コントロールを上手くできるようにするためには、

————————————————————————————————————–
⑴運動やスポーツの習慣をつけ体をよく動かすことで、悩みへ使用されるエネルギーを使い果たす

⑵サプリメントを摂取することで脳内のリラックスに密接に関係するGABAを増やす
⑶自分一人で問題を抱えず、周囲に助けを求める。市町村区の相談窓口を利用する
————————————————————————————————————–

⑴⑵⑶を同時進行で励行することです。

又、感情コントロールができない高校生の親御さんへのアドバイスは

親御さん自身の精神安定が一番重要なので、「心に余裕がないな」という自覚のある方は今すぐ当ブログにある感情コントロール力を高める科学的方法を実践されてください。

(関連記事:)
感情コントロールができない中学生のために

感情コントロールのABC (←ブログ記事一覧へ戻る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です