感情がコントロールできない発達障害とは?

感情がコントロールできない発達障害とは?

発達障害の人では感情がコントロールできない場合が非常に多いです。その理由の一つは、発達障害の人では、脳が得意的な発達を示している場合が多く、創造性や空間性認知に関わる頭頂葉や後頭葉の機能は高かったりするのですが、前頭葉の機能が低下していることが多いからです。前頭葉の機能は、主に、感情をコントロールするということです。

前頭葉は衝動性を抑え、自分の置かれている立場、文脈を良く見極め、「今は怒りたいけど怒ってはいけない」「泣きたいけど今泣いたら、契約が破綻になる」という風に、文脈に合わせて、自分の感情を適切にコントロールする、専門用語でいえば実行機能を司っています。

発達障害の人が感情コントロールが苦手な主な理由

それは前頭葉の機能低下が後天的もしくは先天的な要因によって引き起こされており、たとえば前頭葉を破損した人では、紳士的、聖人君子的だった人物が、横暴で反社会的な向こう見ずな人間に変貌してしまうということもよくあることなのです。

この実例はフィニア・スゲイジ氏のケースで有名になったもので、これが前頭葉が感情コントロールを司っているのではないかという仮説を、医学、科学の分野にもたらす結果になりました。

このタイプの人が感情コントロールをより容易にできるようにするための対策

それは、スポーツ、武道を習うことが最適です。発達障害の一種であるADHDを精神科医から宣告された、元世界水泳の覇者、マイケルフェルプス氏は幼年期から落ち着きがなく、医師からADHD改善薬を処方されていました。

しかしながら、親の勧めで水泳を始め、日夜トレーニングに励んでいるうちに、衝動性、落ち着きのなさといった感情コントロールの問題が次第と消滅していき、薬も不必要になり、北京五輪では、金メダルを7つも8つも量産するという金字塔を打ち立てました。

発達障害に運動は有効

実際に感情コントロール障害に関して、スポーツ、武道は非常に効果的であるということがわかっています。

感情コントロールがうまくできない発達障害の人は武道でもスポーツでも器械体操でも何でも挑戦してみると間違いなく好転するはずです。書くいう私も、発達障害がありましたが、今ではその兆候は見られません。すべて上記したことを実際に実行してきたからだと思います。

まとめ

発達障害で感情がうまくコントロールできないという自覚や悩みを持っている人は、運動の習慣をつけるだけで、大幅な改善が見込めるはずです。

参考:
脳を鍛えるには運動しかない
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3724411/

感情コントロールの基礎

感情コントロールできない大人のための対策

感情コントロールできない大人のための対策

感情コントロールできない大人が増えていると言われてきています。Dr中松の愛称で知られる中松義郎氏は、「今の時代は男が泣く」といいました。たとえば、不沈空母と言われた山一証券が倒産したのは晴天の霹靂でしたが、その会社の社長が公衆の面前で、号泣したのも驚きであったと、中松義郎氏はおっしゃっていました。

つまり、昔の日本人であれば、その程度のことでは泣き喚いたりしないというのです。

今の時代、自分の感情をコントロールできない大人が増加傾向にあるのは確かです。確かに、江戸時代の日本人男性の顔つきと今の時代の日本人男性の顔付きは全く違います。

前者はみな一様に筋骨隆々、顔つきも意志の強そうな精悍な顔立ちをしているのですが、後者では、もやしのような体つきなうえ、意志や生命力の弱そうな人が多いように見て取れます。
いわゆる草食系男子が増えているというわけです。

何がいけなかったのか?そしてその対策。

一番大きいのは、必要最低限の肉体労働を大人(男性も女性も含めて)しなくなったことでしょう。人間は発生学的に、脳よりも体の発生が先だと言われています。つまり、体を使う、重労働を行うということは、ただ単に筋肉を鍛えているだけではなく、脳を鍛えることにもなっているわけです。そして、脳を鍛えるということは、認知機能を鍛えているのと同義の意味で、認知機能が強ければ感情はコントロールできるわけです。

成人女性に多いとされる感情をうまくコントロールすることができないことで知られる「境界性人格障害」という心の病では、脳画像レベルで認知機能を司る部位の縮小が見て取れます。

逆に、集中力の要される運動を行うアスリートや禅僧などでは、この部位が厚くなっていることもわかっています。

大人の感情コントロール障害の対策:

●運動(ジョギング、筋トレ)
●瞑想、座禅

これらを習慣化させると感情はコントロールより容易になっていきます。昔の武士は、武芸十八般という肉体鍛錬を徹底したうえ、さらには、座禅を組み胆を練りました。体を鍛えながら、座禅を行えば、感情のコントロールが苦手な大人も無事にコントロールできるようになっていくというわけです。実に単純明快な話なのですが、現代人は、灯台下暗しの状態で、こういった基本的なことを軽視しがちです。

感情がうまくコントロールできないという人は、まずはご自身で運動でも座禅でも何でもいいので、今すぐ私が掲示したメソッドを実践されてみてください。必ず大きな結果が生まれるはずです。

まとめ

感情コントロールできない大人が増えているのは、文明化に伴う生活習慣化の大きな変貌に起因し、特に現代人は体を使わなくなったということがどうみても大きいと言わざるを得ないです。

だから、体を使う習慣(有酸素運動、筋トレ、スポーツ)をひとたび身に着けると、感情の暴走を上手く抑えられるようになった自分に気が付くはずです。

感情コントロールの基礎

感情コントロールできない中学生のために

感情コントロールできない中学生のために

感情コントロールできないことに悩む中学生は非常に多いです。中二病というネットスラングが存在するように、中学生の頃は特に人間は精神が不安定になりやすいのです。

しかしながら、これは、はしかのようなもので、その時分を過ぎれば、結局、大したことないと思える時代が必ずその当事者自身に来ます。

中学生が感情コントロールが苦手な理由

脳が発達の過渡期にあるからです。小学生から中学生になる間に人間の脳は、「右脳優位の直感脳」から「左脳優位の論理脳」になっていきます。丁度、その過渡期にあるため、脳が一時的に不安定になり、情緒不安定、すなわち感情コントロールができない中学生くらいの子供は非常に多くなってくるという話です。

また、この年代の子供は、性的に発達し、性に関心を持つようになります。そうすると、当然、異性に興味を持つようになります。そして、異性に恋愛感情を持ったり、実際に、交際をしたり色々あるわけです。

そうなると、やはり人間の脳は興奮系神経伝達が過剰に増加し、恋わずらいのような状態になり、そのような経験を今までしたことがないがため中学生くらいの子供は、余計に人生を深く悩むようになるわけです。

中学生が感情コントロールできるようになるための対策

●スポーツいわゆる運動の習慣をつける

スポーツをする。すなわち、運動をすると体の方にエネルギーを消費するため、思考するためのエネルギーが低下します。

誰でも運動してへとへとになってしまえば、思考過剰いわゆる感情の不安定さは消失していきやすくなります。

●自分が好きな勉学(科目)に徹底的に励む

好きな科目を徹底的に勉強します。

すると、やはり感情は安定します。勉学に励んでいると、悩んでいる暇がなくなり、したがって、悩んでいる暇もなくなり、結果的に感情が安定するので、それをコントロールすることができやすくなります。

●中学生への親の接し方

中学生の年頃の子供に対する親の接し方のコツは、まず第一に過剰反応しないことです。要するに、子供が正しいことを言っていても不用意に褒め過ぎずに、逆に悪いことしても責めすぎてはいけないということです。

なるべくニュートラルに、決して親は感情的にならずに、その年頃の子供へ接しないといけないわけです。

要するに、毅然さは保つということが非常に重要です。

中学生は悩みが多いので、そのような話を本人が打ち明けてきたらば、きちんと聞いてあげましょう。そして、適切なアドバイスを経験者という立場から真摯に行っていくことが大切です。しかし、感情的になって過剰反応してはいけないのです。

感情コントロールの基礎

 

 

感情がコントロールできない女性のための対策

感情コントロールできない女性のための対策

感情コントロールが苦手なのはジェンダーの特性上、女性の方だと古来から言われています。感情がコントロールできないと社会生活、学生ですろ学校生活がうまくいかなくなってしまいます。

いわゆる感情コントロールとは、人間の生殺与奪を握っているとさえいえ、感情コントロールができないと、落伍者の烙印を押されてしまうこともありうるでしょう。こういった考え方から、人間はIQ(一般知能)よりもSQ(社会性知能)の方が、大切であると、世界中古今東西の学者がそう結論図けるようになってきました。

感情コントロールができない女性

女性は、生理の周期によって、PMSの状態に陥り、中にはその苦しさから、嘔吐を繰り返したり、歩くのもできなくなるほどの激痛に苛まれるような人もいます。
この点、男性にはそうした苦しみがわからないため、やれすれば、甘えであるとか、女女、女と特権意識にはまっているとよく俗世間男性に非難されたりしますが、私はそうは思いません。

感情コントロールが女性が苦手な理由のひとつは、このPMSにあるわけです。PMSとは生理前症候群と言われ、女性が生理の前に不安定になることには科学的根拠が実際に存在しています。

感情コントロールが苦手な女性のための対策

・運動の習慣をきちんとつける

(PMSはGABA(γアミノ酪酸)という脳内神経伝達物質が欠乏することによって引きおこるので、運動の習慣をつけることは、GABAを増やすので、PMSの軽減に効果的で、PMSが軽減すれば、自然と感情コントロールができない状態から、女性は脱却しやすくなります。)

・サプリメントを飲む

5HTPやLトリプトファンといったサプリメントは、心の安定に欠かせないセロトニンを増やすので、このようなさサプリメントを飲むと良いでしょう。(女性の脳ではセロトニン生成やその脳内活用が男性の半分以下であるということがわかっています。)

この2点を気を付けるだけで、大分、女性特有の感情コントロールの問題は、改善していき、長く続けていけば、その多くの場合においてその克服も可能になっていくでしょう。

まとめ

運動の習慣をつけることで、PMSは軽くなるので運動(ジョギングや筋トレなど)をして汗をかくと良いです。

また、サプリメントを飲むことによっても、セロトニンという心を安定させる脳内神経伝達物質が増加するので感情の安定に効果的になってきます。そして、何より感情のコントロールの問題は必ず解決できると信じ込んでください。信じ込むことがこの障害の克服の秘訣になり得ます。

感情コントロールの基礎

(参照:)
https://www.everydayhealth.com/pms/mood-swings.aspx

感情コントロールができないとは?

感情コントロールができないとは?

感情コントロールができないという状況は主に2つに分けることができます。そもそも感情を完璧にコントロールができる人はいないのですが、

①ある程度はコントロールでき、社会でそれを巧みに使いこなせている
②感情コントロールが苦手で、社会生活に支障をきたしている

【私運営の別サイト】
境界性人格障害の克服について
強迫性人格障害について

の主に2つに分けることができます。
後者の人の場合、心理学や精神医学では、異常であると定義され、精神疾患や心の病気であると医師から診断を受ける可能性があり、本人も実際にこのことで苦しんでいることが多いわけです。

感情コントロールとは?

感情コントロールとは、主に前頭葉(脳)の機能で、前頭葉の発達具合によって、その能力の巧拙は左右されます。一般に前頭葉の機能が高い人ほど、感情をうまく切り替え、それをコントロールできるのですが、前頭葉がストレスや先天的な要因などによって機能低下している人では、この前頭葉の切り替え機能がスムーズにスイッチしていかないため、嫌な感情に延々と捉われ続ける異常状態に陥っていることも少なくありません。

感情コントロールができない人の特徴

・些細なことに過剰反応する
・思考方法が白黒、0か100かの二極分化した思考
・些細な嫌なことで落ち込み、些細な良い出来事で有頂天になるなど感情の振幅が激しい
・人前で自分の感情を出し過ぎる(怒ったり、泣いたり、人前で制御できない)
・自尊心、自身の欠如
・言語運用能力が低い傾向

などです。
感情コントロールを主に担うのは先に説明した前頭葉で、上に箇条書きした感情コントロールができない人の特徴というのは、すべて前頭葉というおでこの部分にある脳の機能に依存します。

言語運用能力が高い人は感情をコントロールが得意な傾向

たとえば、言語運用能力が高い(:ペラペラ次から次へと喋るような人)人では、外側前頭皮質という前頭葉の一部位が厚くなっており、そこの情報伝達が活発に行われているということがわかっています。

そして、外側前頭皮質の高機能は、感情コントロール能力の高低に端的に関わり、サイコパスもしくはソシオパスといわれる人では、ここの機能が高い場合が少なくありません。

また、心理的にうつ状態になっている人では、ここの機能が低下していることも知られています。

外側前頭皮質に限らずに、前頭葉の機能が低下すると全般的に感情コントロールがうまくできなくなります。

感情コントロールをスムーズにできるようにするためには?

感情コントロールができるようになるには、脳の状態を改善させていく方策が最も有効です。

このブログでは、感情をコントロールするために必要なことをわかりやすく解説していくつもりです。

感情コントロールの基礎(その1:)

感情コントロール障害を治すにはまず第1に反対の感情を持つということが重要になりますこれは換言すれば逆に自分自身の例えば今抱えている感情ネガティブな感情悲しい怒りだとかそういう消極的なネガティブな感情の状態にあるとしますそのような状態になったとき逆に反対にポチ子ポジティブな感情をあえて模倣する意図的に模倣するっていうことですねそうすることによって少しはそのネガティブな感情というのもましになっていくという算段の話ですねこれが感情コントロールの一つのポイントになるわけですこのように常に自分の感情状態と真逆の感情状態を意識的にそのようなものになりきるそういう訓練それをはまあ簡単なものではないのですけれども気休め程度にはきちんと機能するものなんですね結局のところまるまあそういうことでネガティブになってしまった悲しい落ち込んでる辛いそういうネガティブな感情に困ってどうしようもなくにっちもさっちもいかなくなってしまっているのであれば会えて嬉しい感情にポジティブな感情そういう前向きな感情ってものを意図的に自分自身で演技するっていうことですねそういうことすることが気休め程度補助程度の感情コントロール障害の克服法の医師としてきちんと昨日するっていうことなんですねこれがひとつの空感情コントロールの上手くするためのポイントになるわけなんですもちろんこれだけで問題が完全に解決するわけでは全くないのですけれどもサポート家補助として自分自身の感情をうまくコントロールするそういったことが苦手な人に対するまー補強補強じゃないんですけどねそういうことが苦手な人の感情がコントロールが苦手な人に対する対処法対策法って言うことには十分になり得るっていうひとつの話になっていましたまあ他にも色々とあるんですよねという感情のコントロールの方法というのがたくさんま結局のところは脳の機能によって人の感情というものが生じているわけでこれがまあ本当に基本原則で全ての全てと言っていいほど大切なことになってくるわけで結局脳の機能がま心とか性格はそれはとどのつまりは感情を産んでいるわけなので根本的なところを解決するのであれば脳の機能に介入した方法っていうことこれが一番のポイントととても重要なポイントになるわけなんですやめて重要なポイントになるわけなんですねしかしながらまあここまで話しさせていただいたま方法論今の自分が例えばネガティブな感情に支配されているのであれば逆に会えてポジティブな感情を妄想するっていうことですねまあ結構こういう話は昔ながらの禅宗の修行とかあるはヨガの修行しませ信州療法てんですかねそういう精神修養法的なところで古くからかたいらやでできたことで結構精神論できればあるのですけれども効果はあるということで今回お話しさせていただきましたそれでは今回のお話はここまでという形にさせていただきますが他のページの方でも詳しい感情コントロールの方法について私が開設いたしてさせていただいておりますので是非そちらの方も参照してみてくださいそれではご清聴どうもありがとうございました