子育てで感情コントロールができない人へ

子育てで感情コントロールできない人へ

子育てで感情コントロールができない人は多い

 子育てで、感情コントロールできない人は近年、特に若い母親に多いと言われています。この主な原因は、近代化に伴う核家族化による母親の社会的孤立が原因だといえます。

たとえば、昔の時代であれば子育てをするにしても、おばあさんやおじいさん、近所のおじさん、おばさんが一緒になって手助けしてくれました。つまり、母親が社会的コミュニティから孤立するということが起きづらかったのです。

だからこそ、「その時代の子育てはよりスムーズにいっていたのだ」と専門家は指摘しています。

子育ては本当に難しい

 私も子育てをしたことがあるのでわかりますが、子供は本当に荒唐無稽でわけがわからないときに急に泣き出したりします。そして、泣いていたかと思うと急に笑いだしたり、「そして遊んで!」と、しつこいほどに、ひっついてきます。

この時、私が感じたことは、子育ては感情がコントロールできない人、いわゆる心に余裕のない人にはできないのだということでした。

 ですから、子育てをする母親は感情を上手にコントロールできなければいけません。

育児ノイローゼという現代病

 育児ノイローゼになる若い母親は、社会的に孤立してしまっている場合が多く、同時にさまざまなストレスによって心身が疲弊し感情のコントロールがうまくできない傾向にあるとも言われています。
確かに、若い母親でも気丈な性格の肝っ玉母さんのような人は、上手い具合に子育てを行っています。

でも、このような心に余裕のある人だけが子育てをしているわけではありませんので、適切な周囲の人間からの手助け、サポートは欠かせないことでしょう。

夫が話を聞いてくれないのであれば、実家に帰省されるなどの対処をとった方が賢明だと思います。

 子育て中における育児ノイローゼは、百害あって一利なしの状態ですので、早急とした対応が必要になるといえます。

感情をコントロールするためのテクニックについて:

 このブログでは感情コントロールの主なテクニックを具体的に説明しています。
そちらの記事をぜひ参照されてみてください。

(参照:)
感情コントロールできない女性のための対策
感情コントロールできない大人のための対策
感情コントロールができない子供
感情のコントロールの方法【まとめ】

上記の感情コントロール法を愚直に実行していけば、子育てに悩んで感情が錯乱状態にあるような人でも、感情は無理なくコントロールできるように必ずなっていきます。

また、それでも感情が安定せず、子供に八つ当たりしてしまうという方は、社会的に孤立状態にあったり、過度のストレスを受けている可能性があります。
ですので、そのようなお母さんは、「三十六計逃げるに如かず」ではありませんが、積極的な撤退たとえば実家に帰省するなどして子育てに励んだ方がメンタルヘルスの健康に即座に役に立ち、リラックスできるはずです。

MEMO
このようなことは、全く恥ずかしいことではありませんので、自分の行動に誇りを持ってください。こうしたことに、あれこれうるさいのは世界的にみて日本人くらいです。

まとめ~子育てで感情コントロールが上手くできるように~

・子育て中の社会的な孤立は避ける
・場合によっては、子育てのために実家へ帰省した方がいい
・当ブログの感情コントロールの対策法を今すぐにでも行った方が良い

子育ては親自身の感情コントロール能力が試される一種の試練です。常に心身をリラックスさせることが重要ですので、まずはできることから実践されていってください。

また、自分で抱え込み過ぎず、積極的に他人に相談するようにもしましょう。

感情コントロールの基礎 (ホームへ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です